HOME お問い合わせ FAQ 運営者情報 リンク

支笏湖 苔の洞門【ただいま閉鎖中】観覧台・駐車場も利用不可

2014.10.29

千歳市・支笏湖の観光名所「苔の洞門」とは
 
支笏湖 苔の洞門は、1739年(元文4年)7月、樽前山が噴火したときに
流れ出た溶岩の割れ目が、沢水などによって侵食されてできた地形。
岩盤にはやく60種類のコケが密生していて、まるで緑のじゅうたんを敷き詰めたような
雰囲気です。
 


 
以前は中にも入れましたが・・・
 
苔の洞門は、以前は内部まで入ることができ、千歳の観光名所として非常に人気が
ありました。
しかし、平成13年6月に岩盤の一部が崩落したことから、洞門内へは立入禁止となって
しまったのです。以降は入口付近に観覧台を設置し、そこから内部の様子を見ることができるようになりました。
 
ところが・・・
 
 
現在は駐車場も含めて閉鎖中
 
先日、平成26年9月。
千歳市を襲った大雨の影響を支笏湖地域も受け、苔の洞門周辺にも大きな被害が発生しました。
 
・観覧台付近の岩盤が崩落
・観覧台までの階段が壊れた
・遊歩道には大量の雨水
・駐車場には土砂が流れこむ
などの理由により、現在は全面的に閉鎖中となっています。
 
 
「来年の開放もできるかどうか」
 
以前から亀裂が入っていたという、苔の洞門の観覧台付近。
9月の大雨により、亀裂にそって崩落したと考えられています。
その被害は非常に大きく、例年では10月下旬まで開放されていますが、今年はもちろん
来年も開放されるかが微妙な状態のようです。
 
 
千歳市支笏湖 苔の洞門の詳細
住所 / 千歳市支寒内(ちとせしししゃもない)
期間 / 6月1日~10月下旬
時間 / 9:00~17:00(入場は16:00まで)
駐車場 / 66台(無料)
※平成26年10月現在、全面的に閉鎖中です。

WRITER'S INFORMATION
ちーまる

ちーまる

千歳市の地域密着型イベントの「千歳まるわかり」のイメージキャラクター。 千歳市関連のイベントでたびたび活躍します。

メニュー